ウルトラライトハイキング考察:物作りのためのウルトラライト

投稿者: mikishin

■軽量化とは?

重いのっていやよね、軽い方が良いに決まってるじゃない。

あーでも食事はおいしい物食べたいし、快適装備は持っていたい。

軽量化を考える際、こんな考えが壁になってる気がします。

事実、チョー正論なんで、「軽量化とは何ぞや」と捉え直してみようかと思います。

例えば登山装備を体を守る皮膚のようなものとして捉えてみます。

皮膚を厚くすればするほどに体は守られ、外部からの影響を受けにくくなっていく。その反面、動きが鈍くなり、外部からの情報量が減っていく。

軽量化とは自らのパフォーマンスを上げることと同時に、環境からの情報を敏感に察知していく行為といえるでしょう!

軽量化することでしか得られない自然との関わり方を考えていくと、なかなか深いものありそうです。

ギアマニアに偏らず(でも程よくギアには楽しみを)、工夫と知恵で快適をモットーに!

■MYOGについて

それから昨今ではULムーブメントに合わせてMYOGなる言語が飛び交っている模様。

MYOGとはMake Your Own Gearの略称のようです。

ULムーブメントに合わせて、ハイキングギアのガレージメーカーがどんどんと熱を持ってきています。

実際、ウルトラライトが環境からの情報量を増やす行為とすれば、自然に身につける物も自分自身の延長のセンサーとなるはずです。

この思想は自作行為との相性が良いことは言わずもがな。

事実私も釣りのミノーはハンドメイドですし、このブログを通して確認したいことも物作りを通した発見であります。

ウルトラライト思考、少しずつ取り入れていきたいですねー。

そうそう、山岳テント、前から作りたかったんだよね!

■今後、UL化について

なにぶん軽い物はそのぶん高い。

欲しいものをリストアップして行くといくらでも出てくるんですが、そんなお金どこにもありません。

貧乏人の肩書きで開き直り、「偏ったギアマニアに陥らない程度に楽しみつつ、自作品を山で試す!」

でいきます!

もうギア(情報)マニアになりつつありますが。。。

あぁ、欲しいものを見つけるのと手に入れるのを同じスピードになってみたいっす。

…兎に角、ここでは物作りのためのウルトラライトであります。作りたいからのULです!

逆のようですが違います、相関関係とはこういうことではないですか!

広告