130921-22 南アルプスでイワナ丼

投稿者: mikishin

DSC_0053

Concept:イワナをさばいて、刺身とイワナ丼を作って食らう。in 秘境

フィッシャーマンたるもの、リリースばかりではいけない。

つい最近まで暑い暑いと言っていたのに、涼しい、すっかり秋となりました。

さて、禁漁前の最終釣行でも行っておきましょうとイケさんと二人で南アルプスへ。

大井川。秘境の香りする魅惑の川、行ってみたかったんだよね〜!

横浜から東名で静岡県へ。

イケさん曰く、長いんだよねってほんとに長かったね。

新東名を出てから先コンビニ1つ無く真っ暗闇の山道を三時間。

ダム手前の駐車場で一時間ほど仮眠するものの。。アドレナリンが出続けているのでしょうかほとんど寝れず。

イワナ不眠症、毎度の発症でございます。

もー我慢できなくなったころ、明るくなってきたので出発だ!

DSC_0012

天気はいいねー。

目指す大井川支流へ林道を歩きます。

道が崩れているところで足止め、先に進むかどうか迷うものの、崖越えはやっぱり恐いっす。

落ちたら100メートルは真っ逆さま、斜度のあるザレ場のトラバース。

ザイルとか無いし。絶対無理!

引き返してみると、別ルートがあるではないですか。

そっちへ行くと、、、頼りなく、そして長過ぎる吊り橋!高さは30mくらいか。

これ行くの〜かなりブルーな気持ちになる。

板幅20cm、厚さ20mm、サイドはスカスカのちょう揺れる吊り橋。

コワッ!

朝露で濡れていて、ヌルヌルしてて結構滑る。

高所恐怖症じゃないけれど、滑るのと板が抜けるのが恐くて慎重になります。

荷物あるんで今90キロ近くあるんだよね、無理なら事前に言って頂戴ね、なんて踏み板と会話しつつ。。

DSC_0018

橋の上から目指す流れが見えるけれど、かなり濁っている。

先の期待が薄いのに体張っているのって結構辛いものありますね笑

とりあえず橋を渡ってから一服、コーヒーを飲む。

その先も結構険しそうだ、行けないことはないけど、5%くらい落ちる気が、、、なんてことを二人して話してしまう笑

すると作業員のひとが数人エッサエッサと快調に歩いて来た。

やはり荷物が少ないとイイナーなんて、人が日常で通る道だとわかると恐さも半減するもので、無理せず他の支流を当たろうと引き返しました。

じつはこの日、行けども行けども大井川水系はド茶濁りで釣りにならず。

なんとか入った沢も濁りと水量がキツくてアマゴ一匹でした。

キャンプサイトを決め、お酒飲んですぐに就寝。

DSC_0021

2日目も色々探すもののどの川も濁りがひどい。

場所を大きく変えようと出発し、途中見かけた沢に降りてみるとそこが良かった。

まずは自作ミノーで一匹。

市販品に変えて数匹。

DSC_0029

鼻曲がりのオス。24cm

ホワイトスポットは見られるものの、上の写真の魚はヤマトイワナの血が濃そうな一匹でした。

もうほとんどの場所でハイブリッドなのが現状なのでしょう。

二人合わせて7匹、宴会が可能な状態に!

一番小さいやつはリリース。

DSC_0059

イワナ丼と塩焼き、これがやりたかった!

その他蒲焼きも作りました、旨し。

DSC_0062

刺身は美味。サイコーです。

DSC_0071

食事を終えてからも少し探ってみると、一番のイワナが釣れた。27cm

DSC_0081

帰りは千頭温泉。

すごく気持ちのいい温泉でした!

バラックみたいでけしてキレイではないんだけれど、居心地がすごくいい。

門構えもgood◎

DSC_0087

最終釣行、あと1回行けないかなぁ

広告