自作テント:myog テント

投稿者: mikishin

DSC_0130

ダブルウォールテントを製作しました。

*Spec

fly:soft tyvek,dyneema X-grid

inner:no-see-um mesh,70D ripstop nylon PU coated,dyneema X-grid

weight:946g (fly,inner)

二人用サイズで軽量の3シーズンテントと言ったところでしょうか。

ポールはステラリッジ一型のものを流用。

ステラ一型よりもフットプリントは奥行きが30cm大きく、130cmの設計としたので、高さが5cmほど低くなりましたが仕様には問題無しです!

素材はほぼすべてommで購入。

素材の伸びなどを考慮しながら図面を作成。各メーカーのテントのディテールをチェックしつつも、大体参考にしたのが所有しているステラリッジのディテールでした。

ステラリッジのカスタムテントとも言える代物であります。

DSC_0135

フライの接続部は防水性を考慮しflat felled seamという縫い方。

ベンチレーションも設置。

フライ端部はカテナリーカットを採用してみた。

DSC_0118

入り口は定番のファスナー部に雨仕舞のフラップをマッジクテープで押さえる納まり。

ポールの折れ防止のガイラインホールも設置。

DSC_0123

悪天候用にガイラインループを追加設置。

力のかかる箇所はダイニーマで補強してあります。

DSC_0124

ポール端部の納まり。フライは小型のsus製フックを取り付け、エラスティックコードに引っ掛ける仕様。

ポール受けはアルミ製のハトメにしました。

DSC_0094

インナーは70Dのリップストップナイロンのフロアにノーシーアムメッシュ。

素材の大きさ上、フロアの立ち上がりを大きく取れなかったので、雨掛かりがちょっと心配。

DSC_0096

構造は2mmのガイラインでの吊り構造です。設営は簡単!

DSC_0100

ポール折れ防止のガイラインループの納まり。ハトメの部分にガイラインを通して引っ張ります。

DSC_0099

ベンチレーションに内側からアクセス可能なインナー穴。

DSC_0097

ファスナー端部をダイニーマで補強。

ファスナー形状はL字型にしてみました。

DSC_0136

これがテント設営道具一式です。

DSC_0137

まずテント本体は946g

結構軽くなりました。ステラ一型(旧式)が1250gほどあったので300gの軽量化です。

DSC_0138

ステラのポールが402g

DSC_0139

ステラのペグとガイライン一式が220g

トータルで1568g

超軽量とはいえないですが、まあまあの数値じゃないでしょうか!

それにしてもノーマルのポールとペグ関係が重い。ポールの自作は考えても良いかもしれません。

アライテントとかバラで販売しているみたいですし、ロッド関係の材料をうまく使えばカーボンポールとかも可能になるかも。

ペグとガイラインはもうちょっと考えてみようかな。

10月の連休、南アルプスでインプレッション予定!

広告