山登りと鱒釣りと建築

カテゴリー: mountain

フロアレスシェルター proto2 テスト @北沢峠160806

IMG_2266.JPG

フロアレスシェルターのproto2を製作した。

友人と北沢峠のテン場にてテストを兼ねて張ってきた。

前回のproto1との大きな改良点として

①張力分散を押さえるバランスのフットプリント形状としたこと。(詳しくは近所の河原にて再撮影してまとめた記事としたい)

②補強箇所を接着によるディテールにしたこと。

続きを読む »

広告

フロアレスシェルター自作 myog :proto1

IMG_0948.JPG

IMG_0938.JPG

モノポールシェルターを製作しました。テスト前提なのでプロトタイプ1とする。

先日、南大菩薩へテストも兼ねて行った際に紛失してしまったのです。。詳しくは下記に書くけれど、もし誰か見つけたらご連絡ください!

*Spec

fly:POWER RIP® T6016(spinnaker),dyneema X-grid

wide:250cm  depth:180cm  hight:110cm

weight:214g

続きを読む »

140912-18白馬岳 sea to summit

IMG_1181.JPG

もう二年前のことだけれど、白馬岳から栂海新道を通って日本海まで歩いた。山旅がしたい。旅感のあるコースを歩いてみたい。そんなテーマ設定をしたように思う。

当時(今もだけど)全然金もなくて、時間もあるようで無くて、山と道のJAPAN NORTH ALPS 09DAYS SEA TO SUMMITの動画をリピートで見まくっていた。というか作業用BGMとして聞いていた。この動画がすごくいい、音楽も最高に良くて、多分これに憧れてコースを決めたんだと思う。3000メートルのアルプスの頂上から、海まで歩けるなんてとてもドラマチックだし、すばらしいトレイルだった。

続きを読む »

160722アルコールストーブ自作

IMG_0994軽アルコールストーブを自作しました。

続きを読む »

140602-05上高地キャンプ

DSC_0278

ゴールデンウイークに通りかかった徳沢のキャンプ場に泊まりたくて、一ヶ月後にまたまた上高地へ。

続きを読む »

131012-14 甲斐駒ヶ岳

DSC_0432

9月の連休に甲斐駒ケ岳に行ってきました。

自作のテントのインプレもかねてます。

[行程]

一日目:甲府(バス)→広河原(バス)→北沢峠→北沢駒仙小屋キャンプ場

二日目:北沢駒仙小屋キャンプ場→北沢峠→駒津峰→(直登)甲斐駒山頂→(巻き)摩利支天→仙水峠→北沢駒仙小屋キャンプ場

三日目:北沢駒仙小屋キャンプ場(徒歩)→広河原(バス)→甲府

続きを読む »

自作テント:myog テント

DSC_0130

ダブルウォールテントを製作しました。

*Spec

fly:soft tyvek,dyneema X-grid

inner:no-see-um mesh,70D ripstop nylon PU coated,dyneema X-grid

weight:946g (fly,inner)

続きを読む »

プレゼント:ハンドメイドミノー

DSC_0001

プレゼント用に、友達との遠征前に急いでリップと針を装着。

包装は北アルプスの写真をphotoshop。

釣れるかな〜?

 

 

ウルトラライトハイキング考察:物作りのためのウルトラライト

■軽量化とは?

重いのっていやよね、軽い方が良いに決まってるじゃない。

あーでも食事はおいしい物食べたいし、快適装備は持っていたい。

軽量化を考える際、こんな考えが壁になってる気がします。

事実、チョー正論なんで、「軽量化とは何ぞや」と捉え直してみようかと思います。

例えば登山装備を体を守る皮膚のようなものとして捉えてみます。

皮膚を厚くすればするほどに体は守られ、外部からの影響を受けにくくなっていく。その反面、動きが鈍くなり、外部からの情報量が減っていく。

軽量化とは自らのパフォーマンスを上げることと同時に、環境からの情報を敏感に察知していく行為といえるでしょう!

軽量化することでしか得られない自然との関わり方を考えていくと、なかなか深いものありそうです。

ギアマニアに偏らず(でも程よくギアには楽しみを)、工夫と知恵で快適をモットーに!

■MYOGについて

それから昨今ではULムーブメントに合わせてMYOGなる言語が飛び交っている模様。

MYOGとはMake Your Own Gearの略称のようです。

ULムーブメントに合わせて、ハイキングギアのガレージメーカーがどんどんと熱を持ってきています。

実際、ウルトラライトが環境からの情報量を増やす行為とすれば、自然に身につける物も自分自身の延長のセンサーとなるはずです。

この思想は自作行為との相性が良いことは言わずもがな。

事実私も釣りのミノーはハンドメイドですし、このブログを通して確認したいことも物作りを通した発見であります。

ウルトラライト思考、少しずつ取り入れていきたいですねー。

そうそう、山岳テント、前から作りたかったんだよね!

■今後、UL化について

なにぶん軽い物はそのぶん高い。

欲しいものをリストアップして行くといくらでも出てくるんですが、そんなお金どこにもありません。

貧乏人の肩書きで開き直り、「偏ったギアマニアに陥らない程度に楽しみつつ、自作品を山で試す!」

でいきます!

もうギア(情報)マニアになりつつありますが。。。

あぁ、欲しいものを見つけるのと手に入れるのを同じスピードになってみたいっす。

…兎に角、ここでは物作りのためのウルトラライトであります。作りたいからのULです!

逆のようですが違います、相関関係とはこういうことではないですか!

130814-17 黒部源流、雲ノ平周遊縦走 (四日目)

DSC_0496

[四日目行程]

黒部五郎小屋→黒部五郎岳→ 北ノ俣岳 →太郎平小屋→折立

続きを読む »